コンテンツ一覧

マイホーム建築の基礎知識

間取り

タイプ別のプランの特色

高級住宅街が広がる世田谷区内では、マイホームを建て替えるときに、住宅メーカーのハイグレードなプランを選ぶのが一般的です。坪当たりの建築費用が、80万円程度の注文住宅のプランも評判であり、建て替え時に住まいをオール電化にするのが流行です。太陽光パネルを設置する注文住宅のプランを選び、壁や屋根などの断熱性を高めると、電気やガスの料金も大幅に減らせるでしょう。また子供の独立に伴い家族の人数が減った世帯に適しているのは、家賃収入が得られるメリットもある、賃貸併用タイプの注文住宅です。最近では老後の生活を重視して自宅を建て替える世田谷区民も多く、とりわけバリアフリー仕様の建築プランが好評です。ホームエレベータ付きのハイグレードなプランを選ぶと、車いすが必要な人も自由に自宅の中を移動できるので、老後も安心して暮らせるでしょう。新たに世田谷区内に移り住む目的で、20坪程度の宅地を購入する場合には、狭小地向けの住宅建築に強い業者を活用するべきです。コンパクトな敷地向けの注文住宅に強いのが、世田谷区内の工務店の魅力であり、子育てに適した建築プランを提示することも可能です。一方で夫婦だけの世帯がマイホームを建てるときには、主寝室とリビングルームの広さにこだわると、住まいの快適性が高まるでしょう。そして初めてマイホームを建てる人たちが関心を持っているのは、工事技術や建物の性能について知ることができる、現場見学会などのイベントです。